Translations of this page:

先端芸術音楽創作学会

 先端芸術音楽創作学会は、先端芸術音楽(コンピュータ音楽)の創作を対象とした研究に関する学会として2009年6月20日、新たに立ち上がりました。新たなコミュニティを形成し、研究発表、創作発表、情報交換、などを目的とします。関東を中心として、3ヶ月に1度程度の定例研究会、またレクチャーコンサートなどを開催します。また、若い人々の発表、議論の場としても機能させたい、と考えています。

News

第24回JSSA研究会

研究発表後、総会もあります。 是非ご参加ください。


第24回JSSA研究会

日時: 6月6日 13:30-
会場:東京電機大学 千住キャンパス 2号館 502教室 (2502)
〒120-8551 東京都足立区 千住旭町5番 (北千住駅 徒歩数分)
http://web.dendai.ac.jp/access/tokyosenju.html

参加費:会員無料,非会員500円


<プログラム>

13:30
開会,連絡

13:35 - 14:05
塩田和明,カレン・ウィッセル「ISDグローバル・コミュニティー・プロジェクト」

14:05 - 14:35
辻一郎「USB接続デバイスを用いたシンセサイザーの開発」

14:35 - 15:00 休憩

15:00 - 15:30
古澤彰 ,秋山大知「リアルタイムでリミックスが可能なシステムの試作」

15:30 - 16:00
Matthew Greenbaum “Mario Davidovsky's Meta-Instruments”

16:00 -16:15 休憩

16:15 - 16:45 総会


<概要>

「ISDグローバル・コミュニティー・プロジェクト」
“The ISD Global Community Project”

塩田和明,カレン・ウィッセル(シンシナティ大学音楽院)
Kazuaki Shiota, and Karen Wissel (The University of Cincinnati, College-Conservatory of Music)

我々は舞踊家と音楽家のためのインタラクティブ・ソニック・ダンス(ISD)という舞台芸術を確立させるための活動を中心に行っている。ISDを多種多様な芸術家に普及させるため、グローバル・コラボレーションを誘因としISD記譜法をその共同制作及び交流手段として使う計画を立て、2015年6月にISDグローバル・コミュニティ・プロジェクトを立ち上げた。3年の企画であり、2018年6月までの目標は自由な共同制作が20ヶ国以上及び50名以上の会員によって継続的に行われる基盤を作ることである。この論文ではISDに関する経歴を述べた上で本企画について詳しく説明する。

We have been working on establishing Interactive Sonic Dance (ISD), a type of performing art for dancers and musicians. In order to spread ISD for larger numbers of diverse performers, we planned to organize global collaborations as an incentive to attract artists who would use the ISD notation system for their collaboration and communication method. For that reason, we launched the ISD Global Community Project to create a cross-cultural artistic performance community starting in June 2015. This is a 3-year project. By June 2018 we hope to establish an ongoing open collaboration among 50 members from 20 different countries. In this paper, we will explain the ISD Global Community Project further after describing the background of ISD.


「USB接続デバイスを用いたシンセサイザーの開発」
“A development of the synthesizer using a USB device”

辻一郎
Ichiro Tsuji

本論文は、自動作曲、デジタル信号処理(音響合成)及び、音場再生を統合したシンセサイザーシステムを提案する。USB接続デバイスから出力される5つのPWM (Pulse Width Modulation) 信号をコンピュータ上のプログラムから制御して自動作曲を行うことができる。USB接続デバイスから出力されるPWM信号と制御信号をそれぞれ1つずつ、USBオーディオI/Fを介してコンピュータに取り込み、デジタル信号処理を行うことができる。デジタル信号処理されたPWM信号は、再度、USBオーディオI/Fから出力される。さらに、4つのPWM信号と1つのデジタル信号処理されたPWM信号は、アンプに入力して5つのスピーカーで臨場感ある音場が再生できる。本論文では、本システムの構成内容を説明し、実際にスタジオで、動作する本システムを評価する。

abstract: This paper proposes a synthesizer system that combines automatic composition, digital signal processing (audio synthesis), and sound-field playback. Five PWM (pulse-width modulation) signals, outputted by a USB device, can be controlled by the program using a computer and automatic composition can be performed. One PWM signal and one control signal outputted from the USB device are inputted to the computer via a USB audio interface; thereafter, digital signal processing can be carried out. After digital signal processing of the PWM signal, it can then be outputted by the USB audio interface. The four PWM signals and the processed PWM signal are inputted to an amplifier, and thereafter, to five speakers, producing a sound field that creates the feeling of presence. This paper describes the components of this system and evaluates a working system in a studio.


「リアルタイムでリミックスが可能なシステムの試作」
“Trial production of a system enabling real-time remixing”

古澤彰(慶應義塾大学)、岩竹徹(慶應義塾大学)、秋山大知
Akira Furusawa(Keio univ.)、Toru Iwatake(Keio univ.)、Daichi Akiyama

本研究では従来のリミックスツールとは異なるツールの試作を行った。従来のリミックスツールはリアルタイムのエディットが困難であった。従って、本研究では、リアルタイムによるエディットを重視したリミックスツールの試作を行った。今回の試作では、サンプリングされた音源を自動で並び変え、異なるテンポのリズムパターンに乗せることでリアルタイムによるリミックスに成功した。手法としては一定のリズムを分数で分割し、その分割したリズムの強拍に細かくスライスされた音素材をランダムで並び変えることでオートメーションによるリミックスを可能とした。その一例として、今回は尺の長い交響曲をサンプリングし、その音素材を現代のクラブミュージック風のリズムパターンに自動でリミックスしたテスト音源を基に考証する。


“Mario Davidovsky’s Meta Instruments”
Matthew Greenbaum (Temple University)

Mario Davidovsky (b. 1934) is regarded in the US as one of the most important pioneers of electronic music. He is known for his twelve “Synchronisms” (1962-present) in which acoustic instruments are paired with fixed electronic sound. Davidovsky’s innovations are essentially musical rather than technical: he has created a personal language made up of hybrid electronic and instrumental sound elements, creating ‘meta-instruments,’ and characterized by constant shifts in time/spatial perspective, timbre, and narrative continuity. Synchronisms #10 (1992) for guitar and pre-recorded electronic sound displays all of these ideas, which I will summarize and illustrate.



問い合わせ先: JSSA事務局 office[at]jssa.info
([at] を @ に置き換えてください)

 
home.txt · 最終更新: 2015/06/05 00:28 by t-kita
 
Recent changes RSS feed