Translations of this page:

先端芸術音楽創作学会

 先端芸術音楽創作学会は、先端芸術音楽(コンピュータ音楽)の創作を対象とした研究に関する学会として2009年6月20日、新たに立ち上がりました。新たなコミュニティを形成し、研究発表、創作発表、情報交換、などを目的とします。関東を中心として、3ヶ月に1度程度の定例研究会、またレクチャーコンサートなどを開催します。また、若い人々の発表、議論の場としても機能させたい、と考えています。

News

第23回JSSA研究会

3月7日(土)と8日に第23回研究会の開催を九州大学大橋キャンパス(芸術工学部,大学院芸術工学府)にて開催します。2013年に第17回研究会を名古屋で行いましたが,それ以来の東京以外の開催になります。

今回は3月8日午後に九州大学大橋キャンパスで催されます「シンポジウム+コンサート『福岡に生きた前衛作曲家・今史朗』」との併催になります。遠いようですが,福岡は空港が街のすぐ近くにあり,東京などからは意外に近く感じられるはずです。福岡はアジアの文化芸術のハブを目指しており,近郊の国立九州博物館や市内のアジア美術館,福岡市博物館などのアジアの文化芸術に特化した文化施設もあり,温泉もあり,食べ物もおいしいところです。この機会にぜひお越しください。

第23回JSSA研究会
日時:3月7日(土曜日)13:00 - 17:00
3月8日(日曜日)11:00 - 12:10
会場:九州大学大橋キャンパス3号館322教室
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/kyushu-u/access
参加費無料

併催事業:シンポジウム+コンサート「福岡に生きた前衛作曲家・今史朗」
2015年3月8日(日)14:00〜17:00, 九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟ホール(入場無料)
http://nkmrsgnb.info/symposium-on-composer-shiro-kon/

<プログラム>

3/7(土) 13:00 - 17:00
13:00 - 13:10 開会,お知らせ

13:10 - 13:40
金子智太郎,城一裕「音を発する装置の構造ーー生成音楽ワークショップの総括として」
13:40 - 14:10
小寺未知留「《イリアック組曲》と『実験音楽』――コンピュータ音楽の創作を対象とした研究の一事例として」

14:10 - 14:30 休憩

14:30 - 15:00
檜垣智也,中村滋延
「アクースモニウムにおけるスピーカーレイアウトの考察」

15:00 - 15:30
佐藤亜矢子「コース・メジャンの春景色を探しに - リュック・フェラーリの映画と音楽をめぐる一試論 -」

15:30 - 15:45 休憩

15:45 - 16:25
特別講演
尾本章「良い響きを工学的に再生するシステムの芸術表現に対する潜在能力」

16:30 -
九州大学芸術工学部施設見学

3/8(日) 11:00 - 12:10
11:00 - 11:30
吉田紘希,中村滋延「モーションセンサーを使用した音楽演奏システムの制作」

11:30 - 12:00
中間亮佑, 中村滋延「空間・視覚・演奏的アプローチから設計した電子音響音楽演奏システム」
12:00 - 12:10 連絡事項など,および閉会


<概要>

金子智太郎(東京藝術大学),城一裕(IAMAS)
Tomotaro Kaneko (Tokyo Uniuversity of the Arts), Kazuhiro Jo (IAMAS)
「音を発する装置の構造ーー生成音楽ワークショップのまとめとして」
“Structures of sound apparatus: Reflections on Generative Music Workshop”

「生成音楽ワークショップ」は音楽家の手を離れて自動的に奏でられる音楽について実践を通じて再考するプロジェクトである。これまで11回の開催を通じて,装置を使った生成音楽の古典作品を再現することで,この音楽のあり方が作曲・演奏される音楽といかに異なるのかを検討してきた。生成音楽装置と呼べるようなものは古代から現代まで,また演奏会,展覧会から非芸術の領域まで,多様な領域に見出すことができる。現在作品として発表される生成音楽装置は,ステージ上でパフォーマンスのように奏でられる,あるいは触れることのできないオブジェとして展示されることが多い。これに対して,このプロジェクトでは自動的に音を奏でる装置をさまざまな要素から組み立て,作動させ,ときには移動させることを重視してきた。こうした実践のなかで当初は音を発する装置の内部構造に向けられていた目が,次第に多くの物や人が関わる実践全体に,いわば装置の外部構造に向けられていった。本発表は「生成音楽ワークショップ」のこれまでの活動を総括するとともに,活動を通じて得られた知見から理論的洞察を導き出そうと試みる。

The Generative Music Workshop is a project to reconsider the nature of music that is played automatically without the intervention of a musician. The workshop has been held eleven times, with apparatuses being used to reproduce past masterpieces of generative music and examine how this form of music differs from that which is composed or performed by musicians. What might be called generative music apparatuses have existed since ancient times to the present, and they can be seen in a range of spheres, from concerts, to exhibitions, to domains divorced from the arts. Such apparatuses presented as art pieces today are frequently installed as objets d'art in a context in which they cannot be touched, or used to perform on a stage. By contrast, this project sought to use various components to construct apparatuses capable of generating music automatically, and emphasized the process of setting them in motion or moving them. Through this process, our first attention placed on the internal structure of these sound-generating apparatuses gradually shifted to a focus on the entire procedural experience and the people and things within it, in other words, the external “structure” of the apparatuses. This paper takes a comprehensive look at the activities of the Generative Music Workshop heretofore and attempts to use the knowledge gained therein to conduct a theoretical inquiry.


小寺未知留(東京藝術大学)
Michiru Kodera (Tokyo University of the Arts)
「《イリアック組曲》と『実験音楽』――コンピュータ音楽の創作を対象とした研究の一事例として」
“The Illiac Suite and the Experimental Music: Reexamining the Research of the Computer Music Creation”

レジャレン・ヒラーとレナード・アイザクソンは,その共著『実験音楽――電子計算機による作曲』(1959)において世界初のコンピュータ音楽とされる弦楽四重奏のための《イリアック組曲》(1957)の創作背景を論じている。本発表では,以下の2つの問いを通して,同著をコンピュータ音楽の創作を対象とした研究の一事例として再考察する――問1「『実験音楽』はどのような目的で書かれたのか」,問2「『実験音楽』をもとに《イリアック組曲》を再計算・再作曲することは可能か」。本発表は,これらの問いに答えることで,創作学が置かれた歴史的文脈を明らかにし,創作者の戦略に迫るための端緒を開くものである。

The book Experimental Music: Composition with an Electronic Computer (1959) describes the background of Illiac Suite for String Quartet (1957), the world’s first computer-generated music composition, by Lejaren Hiller and Leonard Isaacson. This study reexamines Experimental Music as a research of a creation of computer music with the following two questions: (1) What is the purpose of Experimental Music? (2) Is it possible to recompose Illiac Suite with Experimental Music? Answering these questions will be the first step toward revealing the historical context of sosakugaku (the study of the creation of music) and understanding the strategies used by the creators.


檜垣智也(九州大学大学院)中村滋延(九州大学大学院)
Tomonari Higaki (Kyushu University), Shigenobu Nakamura (Kyushu University)
「アクースモニウムにおけるスピーカーレイアウトの考察」
“Analysis of loudspeaker placement of the Acousmonium “

アクースモニウムにおけるスピーカーレイアウトは決められたフォーマットはなく上演機会毎に変化し,またその考え方は所有施設のレイアウトの担当者毎に異なっていることはあまり知られていない.今回は筆者が出演したFutura 2013(国際アクースマティックアートとメディアアートの芸術祭,フランス)とL'espace du son 2014(国際アクースマティック音楽祭 ,ベルギー),Multiphonies grm 13/14(フランスの国立視聴覚研究所音楽探求グループ Ina-Grmの定期演奏会,フランス)の3つのアクースモニウムのスピーカーレイアウトを中心に分析し,それぞれの特徴について述べる.

A standard format for loudspeaker placement of the Acousmonium has yet to be defined. It varies from concert to concert, and ideas vary among different stage managers. I therefore analyze the loudspeaker placement of three Acousmoniums: Futura 2013 (International Festival of Acousmatic Art and Media Art, France), L’Espace du son 2014 (International Festival of Acousmatic Music, Belgium), and Multiphonies grm 13/14 (Series of concerts of the Groupe de Recherches Musicales, Radio France, France).


佐藤亜矢子(東京藝術大学)
Ayako SATO (Tokyo University of the Arts)
「コース・メジャンの春景色を探しに−リュック・フェラーリの映画と音楽をめぐる一試論−」
“Looking for the spring landscape in Causse Méjean -An approach to Luc Ferrari’s films and music-“

リュック・フェラーリの多岐に亘る創作の中で,1972〜73年に制作された《ほとんど何もないあるいは生きる欲望》は,作曲家の表現手段としては稀であるドキュメンタリー映画の形態を採る。他にも彼は60〜70年代に幾つかの映画作品を手掛けたが,代表的な電子音響音楽作品《ほとんど何もない第一番》に次いで《ほとんど何もない》と命名されたこの映画は,フェラーリの活動全体像を検証する為の要点の一つと考えられる。二部構成の第一部《コース・メジャン》とその映画音楽となった《春景色のための直感的小交響曲》を題材に,彼の映画と音楽,その繋がりについて考察する。

One can find that there are some film works included in Luc Ferrari’s broad-ranging catalog, despite the fact that he was primarily a composer. I believe that especially “Presque rien ou le désire de vivre” (1972-73), a documentary film, is important work as the second “Presque rien” after “Presque rien no.1” (1967-70), his masterpiece. In this paper, I consider the relationship between his film and music by focusing on “Le Causse Méjean”, the first part of this film, and “Petite symphonie intuitive pour un paysage de printemps” (1973-74), its theme music.


尾本章(九州大学大学院芸術工学研究院教授)
OMOTO Akira(Profesor, Faculty of Design, Kyushu University)
「良い響きを工学的に再生するシステムの芸術表現に対する潜在能力」
“Potential Ability of Sound Field Reproduction System Based on Engineering Principle for Artistic Expression”

いい音,いい響きとは何か,建築音響の分野でも盛んに研究されています。その解決に用いる手法の一つとして,物理的原理に基づき,工学的に実現された精密な音場再生手法が,いくつか提案されています。実際に作られたシステムは,いわゆるハイファイ(高忠実度)の再生系であることが多く,それゆえに高い芸術的な表現能力をもつ可能性があります。本報告では,九州大学で製作されているいくつかの音場再生システムや,芸術的な意義を持たせた応用例について紹介します。

In the field of architectural acoustics, there are many research topics which seeks good sound and good reverberation. As one of the effective solution, several strategies are often used which precisely reproduce the physical characteristics of the originally good sound field, based on the physically assured and engineeringly implemented principles. Practically constructed such systems are usually multi-channel and have hi-fi reproduction performance, i.e., these systems might have potential ability for artistic expressions. In this report, several sound field reproduction systems constructed in Kyushu University and examples of artistic applications are introduced.


吉田紘希(九州大学大学院),中村滋延(九州大学大学院)
Hiroki Yoshida (Kyushu University), Shigenobu Nakamura (Kyushu University)
「モーションセンサーを使用した音楽演奏システムの制作」
“The Employment of Motion Sensors in Music Performance Systems”

近年,クリエイティブ・コーディングによって制作されるメディアアート作品にKinectやLeap Motionといったモーションセンサーを取り入れるケースが多く見受けられる.本稿では,モーションセンサーや演奏システムに関係する電子楽器の諸要素に触れ,それらの前提を踏まえた後に筆者の制作した演奏システム及びメディアアート作品についてそれぞれ解説する.また最後に,筆者が作品制作を通じて得た知見を元に,演奏システムにおいて有用となるモーションセンサーがどのようなものであるかを明らかにする.

Currently, there are many media arts projects that use motion sensors (e.g., Kinect or Leap Motion), and they have been produced through creative coding. To begin with, this paper explains motion sensors and the elements of electrophones. Further, it describes music performance systems and media arts projects that I have produced. Finally, it clarifies which types of motion sensors are useful in music performance systems, based on knowledge that I acquired through my work.


中間亮佑(九州大学大学院), 中村滋延(九州大学大学院)
Ryosuke Nakama (Kyushu University), Shigenobu Nakamura (Kyushu University)
「演奏的アプローチから設計した電子音響音楽演奏システム」
“Rendition Systems for Electroacoustic Music Designed through Spatial, Visual, and Performing Approach”

電子音響音楽における表現方法は,多様化の一途を辿ってきた。その背景には,空間というパラメータを他の音楽的なパラメータと同等に扱う手法,視覚的要素を作品の1つの構成要素とする手法,生演奏の要素を作品の中に取り入れる手法という3つの手法が貢献している。しかし,これら3つの手法を全て融合したアプローチによって制作された作品は,未だ限定的な事例しか見られない。本稿はこのアプローチから制作した3つの音楽演奏システムについて解説を行い,その可能性の一端を示すものである。その作品の1つである《Quadlith》は,一定の到達点に達するものと位置づけた。

Representation in electroacoustic music has been diversifying. Three approaches that have contributed to diversification include dealing with space as well as other musical parameters, incorporating a visual element into a work, and integrating a live performance into a work. A multi-method approach fuses these approaches to create a musical work; however, is seen only one side of limited case. Here, we expound on three renditions created through this approach and show some of their capabilities. Finally, we focus on “Quadlith”, one of these systems with indicators to measure achievement of targeted goals.


問い合わせ先: JSSA事務局 office[at]jssa.info
([at] を @ に置き換えてください)

 
home.txt · 最終更新: 2015/02/26 23:56 by t-kita
 
Recent changes RSS feed