Translations of this page:

先端芸術音楽創作学会

 先端芸術音楽創作学会は、先端芸術音楽(コンピュータ音楽)の創作を対象とした研究に関する学会として2009年6月20日、新たに立ち上がりました。新たなコミュニティを形成し、研究発表、創作発表、情報交換、などを目的とします。関東を中心として、3ヶ月に1度程度の定例研究会、またレクチャーコンサートなどを開催します。また、若い人々の発表、議論の場としても機能させたい、と考えています。

News

第21回JSSA研究会では,石井紘美さんによる 3D multi-channel acousmatic musicに関する講演と,ヴィルフリート・イェンチさんによる Visual Music に関する講演が行われます。合わせて公募による研究発表のセッションも行います。会場となる筑波大学東京キャンパス文京校舎は,地下鉄丸ノ内線 茗荷谷駅から徒歩2分です。

皆様のお越しを楽しみにしております。

第21回 JSSA研究会

第21回 JSSA研究会 -「人と音の情報学」国際シンポジウム-
共催:筑波大学図書館情報メディア系・知的コミュニティ基盤研究センター

日時:2014/9/28(日)13:30 -
会場:筑波大学東京キャンパス文京校舎 1F 120講義室
https://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html


<プログラム>

13:30 - 13:40 開会,お知らせ

13:40- 14:00
大村英史「五度圏に基づいた確率的複雑化と偏向化による情動的旋法を用いた音楽生成システム」

14:00 - 14:20
Alex Sigman, Nicolas Misdariis “ALARM/WILL/SOUND: Car Alarm Sound Perception Experiments and Acoustic Modeling Report”

14:20 - 14:50
西野裕樹,小坂直敏,中津良平「新しいコンピュータ音楽言語LCとその3つの特徴」

14:50 - 15:20 休憩

15:20 - 16:00
ヴィルフリート・イェンチ「ヴィジュアル・ミュージックにおけるサウンドとイメージ間のインタラクティヴ・プロセス」

16:00 - 16:20 休憩

16:20 - 17:00
石井紘美「ツィルコニウムを使った三次元空間アクスマティック作品『梁塵譜』」

17:00- 17:10 諸連絡,閉会


<概要>

「五度圏に基づいた確率的複雑化と偏向化による情動的旋法を用いた音楽生成システム」
“Sound generator system with emotional musical mode based on probabilistic complexity and bias on the circle of fifth”

大村 英史(独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保険研究所 成人精神保健研究部)
Hidefumi Ohmura (Department of Adult Mental Health, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry)

音楽は,期待の実現や裏切りによって情動を引き起こすと言われている.筆者は,このような期待の実現・裏切りを情報理論に基づいてリズムを生成するシステムを開発してきた.本発表では,この方法論ピッチ(五度圏)に適用させ,確率的分布の複雑性と偏向性を定量的にコントロールし旋法を生成する手法を提案する.そして,この手法を組み込んだ情動的サウンド生成システムを紹介する.

It is said that deviations and implications of expectation when listening to music arouse emotions. Following this hypothesis, we developed the system which generated emotional rhythm using a model of deviations and implications of expectation based on information theory. In this paper, I propose a method to generate musical modes by controlling probabilistic complexity and bias on the circle of fifth. This presentation includes a demonstration of the system generating emotional sound.


“ALARM/WILL/SOUND: CAR ALARM SOUND PERCEPTION EXPERIMENTS AND ACOUSTIC MODELING REPORT”

Alexander Sigman (Keimyung University), Nicolas Misdariis (STMS IRCAM-CNRS-UPMC)

This article outlines the salient phases, goals, and results of the sound perception and design research component of alarm/will/sound, a multidisciplinary musical research project carried out in the context of the IRCAM IRC (Interface Recherche-Création) Musical Residency Research program. After the rationale for and motivations behind the project are presented, the following research milestones are described: 1) a sound perception experiment testing source typicality of a sub-category of sounds within the corpus; 2) an acoustic descriptor space in which a subset of the stimuli employed in the typicality experiment were situated; 3) the construction of synthetic auditory warnings from sound-sources within the descriptor space, prototypical environmental sound envelopes, and inter-onset intervals (IOI's) derived from extant car alarms; and 4) the design and results of a second experiment pertaining to levels of repulsion vs. attraction to the synthetic auditory warnings. Finally, short-, mid-, and long-term objectives and directions for the project are discussed.


「新しいコンピュータ音楽言語LCとその3つの特徴」
“LC: A New Computer Music Langauge and its three core features”

西野裕樹(慶応義塾大学大学院メディア・デザイン研究科),小坂直敏(東京電機大学未来科学部情報メディア学科),中津良平(シンガポール国立大学、インタラクティブ・アンド・デジタルメディア・インスティテュート)
Hiroki Nishino (Graduate School of Media Design, Keio University), Naotoshi Osaka (Dept. of Information Systems and Multimedia Design, Tokyo Denki University), Ryohei Nakatsu (Interactive and Digital Media Institute, National University of Singapore)

本稿は著者らがプロトタイピングした新しいコンピュータ音楽用言語であるLC について概説するものである.LCは, (a) prototype-based programming,(b) mostly-strongly-timed programing ,および © マイクロサウンド・シンセシスの為のオブジェクト及び操作の音響合成フレームワークへの統合,3つの書くとなる特徴を有する.本稿では,まず既存のコンピュータ音楽言語における (1) 動的変更のサポートの不十分さ,(2) 正確な時間的振る舞いと時間に関する特徴の不十分さ,(3) マイクロサウンド・シンセシスのプログラミングの難しさの3つの問題を挙げた後,LCのそれぞれの特徴がどのようにこの3つの問題に関わっているかを記述する.LCの設計はこのように現代のコンピュータ音楽の創造的実践を妨げる問題によって動機づけられているため,そのような言語設計はコンピュータ音楽における研究と実践の両面にたいして,すくなくとも デザインの一例として有益であろう.

This paper gives a brief overview the three core features of LC, a new computer music language we prototyped: (a) prototype-based programming, (b) mostly-strongly-timed programming, and © the integration of objects and manipulations for microsound synthesis in its sound synthesis framework. After addressing three problems in extant computer music languages, which are (1) insufficient support for dynamic modification, (2) insufficient support for precise timing behavior and other features with respect to time, and (3) difficulty in microsound synthesis programming, we describe how the three core features of LC corresponds to these problems, together with several code examples. Since the design of LC is significantly motivated by the problems that hinder creative practices in computer music of our time, such a language design can contribute to both academic research and creative practices in computer music, at least as a design exemplar.


“Interactive processes between sounds and images in Visual Music”
「ヴィジュアル・ミュージックにおけるサウンドとイメージ間のインタラクティヴ・プロセス」

Wilfried Jentzsch (Composer/Visual Music Artist, Electronic Music Studio HfM Dresden (i.R))
ヴィルフリート・イェンチ(作曲家/ヴィジュアル・ミュージック作家、元ドレスデン国立音楽大学/同大電子音楽スタジオ)

Audiovisual composition becomes more significant in our today´s artistic creation. Visual artists on the one hand, and composers of electroacoustic music on the other hand, are more and more involved in the visualization of music. The term Visual Music distinguishes it from other audiovisual works in the way to give images and music the same importance. What does it mean, the same importance in both media?
Maura Mcdonnel wrote as follows:
“A visual music piece uses a visual art medium in a way that is more analogous to that of music composition or performance. Visual elements are composed and presented with aesthetic strategies and procedures similar to those employed in the composing or performance of music.”(1)
Andrew Hill, composer and visual music artist, has given a definition about technology-based Visual Music relating to electroacoustic music:
“An electroacoustic audio-visual music work could be defined as a cohesive entity in which audio and visual materials are accessed, generated, explored and configured, primarily currently with the use of computer-based electronic technology, in the creation of a musically informed audio-visual expression. Electroacoustic audio-visual music works explore the possibilities that the combination of their two time-based media (sound and moving image) allow.” (2)
In this paper I will present three conceptions of my audiovisual compositions and discuss about some remarks revealed through them.

音響映像作品(audiovisual composition) の作曲は今日の私達の芸術創作においてより一層意義深いものとなって来ている。一方では映像作家、他方では電子音響音楽作曲家が、ますます音楽の映像化に関わるようになっている。ヴィジュアル・ミュージックという用語は、イメージと音楽とに同等の重要さを与えるという在り方によって他の音響映像作品と一線を画している。双方のメディアにおいて同等の重要さを持つということはどういう意味なのだろうか。 ヴィジュアル・ミュージック作家 Maura McDonnell は次のように書いている:
“A visual music piece uses a visual art medium in a way that is more analogous to that of music composition or performance. Visual elements are composed and presented with aesthetic strategies and procedures similar to those employed in the composing or performance of music.” (1)
作曲家でヴィジュアル・ミュージック作家の Andrew Hill は電子音響音楽に関連させてテクノロジーをベースとしたヴィジュアル・ミュージックについて次の定義付けをしている:
“An electroacoustic audio-visual music work could be defined as a cohesive entity in which audio and visual materials are accessed, generated, explored and configured, primarily currently with the use of computer-based electronic technology, in the creation of a musically informed audio-visual expression. Electroacoustic audio-visual music works explore the possibilities that the combination of their two time-based media (sound and moving image) allow.” (2)
この記事では私自身のオーディオヴィジュアル作品から三つの構想について紹介し、それらの制作を通して現れた幾つかの特記すべき点について議論していく。


「ツィルコニウムを使った三次元空間アクスマティック作品『梁塵譜』」
“Acousmatic Composition Ryojinfu in 3D with the Zirkonium”

石井紘美(作曲家/国際芸術アカデミー・ハイムバッハ)
Hiromi Ishii (International Kunstakademie Heimbach)

現在の電子音響音楽において実際的な音響空間をどのように構築するのかという問題は作曲構想の初期段階から関わってくる。著者は劇場や先端技術のエキジビションにおける音楽と効果音の制作、および現場での音響監督を経験したことから、電子音響音楽の空間構築への興味をスタートさせ、その後自身の作品において様々な構成の多チャンネルアクスマティック作品を作曲してきた。そして2013年にはZKMでの二度目の客員作曲家滞在を通じ、同センターで開発された3Dサウンドディフュージョン・システム・ツィルコニウム Zirkonium v0.9.38beta を使い三次元空間によるアクスマティック作品『梁塵譜』 Ryojinfu を制作する機会を得た。この記事では、その作曲の過程を解説する。

How to structure the real acoustic space is a question which arises in early stages of an acousmatic composition. The author started her interest in sound space-designing through some work-experiences as a composer for theater performances, and as a sound director for exhibitions of cutting-edge technology . This interest has been developed later in composing acousmatic works with various multi-channel conceptions. 2013 the author has been invited for her second residency at ZKM to compose Ryojinfu, the 3D acousmatic work, using the 3D sound diffusion system Zirkonium v0.9.38beta invented by ZKM. This article explains its compositional process.

問い合わせ先: JSSA事務局 office[at]jssa.info
([at] を @ に置き換えてください)

 
home.txt · 最終更新: 2014/09/19 10:57 by t-kita
 
Recent changes RSS feed